ウェブライターの報酬について知ろう

快適なPC周り

ウェブライターの報酬について知ろう

ウェブライターの仕事をする上で、特に気になるのは報酬面だと思います。どれぐらい稼ぐことができるので、どういった給与形態となっているのか、これから取り組む前にそういった報酬に関することを知るようにしましょう。

多くは歩合制システムとなっている

ライター募集の案件によっては、日給制や固定給を採用しているところもありますが、大半は歩合制システムとなっているのです。要するに、1記事で200円、1文字0.5円といった感じで報酬が設定されるわけです。したがって、やればやった分だけ収入の方もアップするので、頑張り次第では相当な報酬を得ることもできるのです。

報酬単価は案件によって違ってくる


報酬単価に関しては、もちろん案件によって違ってくるのですが、基本的には簡単な業務であれば低単価となり、難しい業務でれば高単価となります。例えば、誰でも執筆できるような簡単な記事作成であれば、1文字で0.3円から0.5円ぐらいとなっています。一方で、専門知識やスキルを求められる記事を執筆する場合は、1文字1円以上の高単価となるので、より多くの収入に繋がるわけです。

報酬の支払い時期も様々

報酬が支払われる時期に関してですが、基本的には月末締めの翌月払いのところが多いです。しかし案件によっては、記事を納品して問題がなければすぐに報酬が支払われるところもありますし、週払いや月払いのところもあります。なので、もし少しでも早く報酬を支払ってほしい場合は、そういった条件の案件を探すといいでしょう。

事前に交渉をする場合もある

交渉中
報酬は相手側が自分に全て決めていることもあれば、事前に交渉をする場合もあります。要するに、こちらが希望する報酬単価を伝えて、その上で色々と話し合って最終的な金額を決めるわけです。ライターの仕事だけに限らず、在宅ワークやフリーランスの仕事などは、このように交渉するケースは非常に多いのです。

高単価が一概に稼ぎやすいとは限らない

注意すべき点としては、報酬単価が高いほど稼ぎやすいとは一概には言えないことです。高単価の案件は、記事の書き方も細かく指示されるでしょうし、ネットで細かく調べないといけないことも多いので、慣れていないとかえって稼ぎづらくなってしまうのです。そのため、報酬面を重視する人であっても高単価という理由だけで応募をすべきではないのです。

むろん、逆にあまりに低すぎる単価でもよくありませんから、そのあたりのバランスも考えながら案件を選んでいきましょう。

Similar Posts:

    None Found