ウェブライターの仕事に応募したいなら

快適なPC周り

ウェブライターの仕事に応募したいなら

もしウェブライターの仕事をしたいと思っているなら、まずは求人募集に応募することになるわけです。では、一体どのようにして求人を探せばいいのか、またどうやって応募をすればいいのか、そのあたりを知る必要があります。

専門の求人サイトを活用する

ホームページのサンプル
ライティング業務の募集は、一般的な求人サイトにはなかなか掲載されません。そのため、在宅ワークやライター専門の求人サイトを活用するのがオススメだと言えます。色々なジャンルや分野で案件を検索することもできますし、詳細な業務内容や報酬に関することも記載されているので、自分にぴったりな仕事を見つけてコレだ!と思った募集求人に応募することができます。

応募する前に確認しておくべきこと

求人に応募をする前には、募集内容を確認することになりますが、その中でも特にチェックしておくべきことは採用条件です。例えば、「週に50記事以上執筆できる人」、「半年間以上継続して働ける人」、「幅広いジャンルに対応できる人」など、案件によって様々な条件が設けられているのです。

もし自分に厳しい条件がある場合、応募して採用されたとしても、その後の業務に支障をきたしてしまう可能性があります。なので、必ず採用条件は入念に確認するようにしましょう。

応募は基本的にメールで行う

メール着信
ライター募集の求人に応募をする際には、基本的にメールの方で行うことになります。名前や年齢などの基本情報から、経験の有無や得意ジャンル、そして自己PRなどを記載して応募することになります。その後のやり取りは、引き続きメールで行うこともあれば、電話やスカイプなどで行うこともあります。

応募後にテストが実施されることも多い

案件によっては、応募後にテストが実施されることも多いです。記事をいくつか執筆して、文章スキルや書き方などに問題がないかをチェックするわけです。あるいは、採用予定枠より多くの応募があった場合は、テスト記事を元にして選別するケースもあります。したがって、もし確実に仕事をしたいと思っているのであれば、複数の求人に応募するのがいいかもしれません。

採用後の段取りは案件によって異なる

無事に採用された後は、どういった段取りになるかは案件によって異なってきます。その日から仕事を依頼されることもあれば、業務契約書が送られて受領された後に、業務開始となるケースもあります。そのあたりの確認も事前に行うようにして、自分の条件に合っている求人に応募するといいでしょう。

  ← 前の記事: