納期やノルマについて把握しておく

快適なPC周り

納期やノルマについて把握しておく

ライター募集の案件を見ると、納期であったりノルマについて記載されていることが多いです。やはりライティング業務というのは、記事をたくさん書く事が大前提となりますから、納期やノルマについてしっかりと把握しておくようにしましょう。

どういった納期やノルマが設定されるのか

納期やノルマに関しては、もちろん案件によってそれぞれ違いますが、例えば「1ヶ月で200記事以上」、「発注してから1週間以内」といった形になることが多いです。むろん、こちらの希望をある程度聞いてもらえるケースも多いですし、自分で納期やノルマを決められる案件もあります。そのあたりは、募集要項の方に注意事項として記載されていますから、必ずチェックしておくようにしましょう。

どれぐらいの記事を執筆できるかを把握する

思案中の男性
自分にとって最適な納期やノルマを知るためには、どれぐらいの記事を執筆できるのか把握しておくことが重要となります。1日や1週間、あるいは1ヶ月で何記事書くことができるのか、ライター業務に費やせる時間も考慮しながら考えるようにしましょう。無理な納期やノルマでは大きな負担となってしまいかねないので、できる範囲で請け負うようにしましょう。

一切設定されないケースもある

もちろん、案件によっては納期やノルマなどが一切設定されないケースもあります。月にどれぐらい記事を書くのか自分の自由に決めることができ、また納品日も特に指定されないことから、納期やノルマを気にせずに取り組むことができるわけです。したがって、本業の仕事が不規則だったり、急な用事などが頻繁に生じる人などは、こういった案件を探すといいかもしれません。

遅れそうな時は事前に連絡をする

電話連絡をする人
もしも、やむを得ない事情で納期に間に合わなかったり、ノルマに満たない可能性が高いのであれば、事前に連絡をするようにしましょう。よほど重要な案件でなければ、多少遅れてしまってもそのあたりは考慮してもらえるので、必ず伝えておくようにしましょう。くれぐれも、無断で受注した仕事を放棄したり、連絡もせずに遅れてしまうことだけは避けなければなりません。

最初は余裕のある納期で少ないノルマの案件を探す

初めてウェブライターの仕事をする人は、自分にどれぐらいの記事を書けるか分からない人も多いでしょうから、最初は余裕のある納期でノルマの少ない案件を探すようにしましょう。その上で、まだできそうだと思ったら、もう少し発注数を増やしてもらうこともできるわけです。

  ← 前の記事: