稼ぎたいなら複数のライター募集求人に応募しておく

快適なPC周り

稼ぎたいなら複数のライター募集求人に応募しておく

もしも、ウェブライターの仕事である程度の収入を得たいと思っているのであれば、複数の募集求人に応募しておくのがいいでしょう。どうしても業務委託契約となるパターンが大半なので、安定して稼ぐためには複数の案件を掛け持ちするのが無難なのです。

常に十分な仕事量を得られるとは限らない

すっからかんの財布
1つの案件のみでは、常に十分な仕事量を得られるとは限らないのです。時期によっては仕事の発注数が減少してしまうことがありますし、場合によっては発注自体をしてもらえないこともあるのです。

そうなると、収入が激減するどころか、ゼロになってしまう可能性すらあるわけですから、そういった状況を避ける意味でも、やはり複数の案件を掛け持ちした方がいいわけです。

雇用契約でもない限り安定した収入を得るのは難しい

もちろん、発注先と雇用契約を結ぶことができれば、安定した収入を得ることは可能かもしれません。しかし、ライター募集求人のほとんどは業務委託契約となっているので、それでは安定した収入を得るのは難しいのです。だからこそ、少しでも収入を安定させるためには、常に2つ以上の案件を請け負うことが必要なわけです。
もう一つの方法としては専門性の高い案件を受けると言う手もあります。
専門性の高い案件は其れだけ難しいですが、報酬も高額な場合が多くなっています。

収入源が複数あれば安心感も得られる

また、収入源が複数あれば安心感を得ることもできるわけです。例えば、メインとしている案件からの収入がいつもより少なくても、他の案件での収入があればそこまで痛手になることもないでしょう。特に、ウェブライターの仕事を本業としている人の場合、収入が減るのは死活問題になるわけですから、収入源は多いに越したことはないのです。

あまりたくさん掛け持ちするのもリスキー

パソコンの前で力尽きた人
ただし、いくら収入を安定させるためとはいえ、あまりにたくさんの案件を掛け持ちするのもリスクが高くなります。納期に間に合わなくなったり、徹夜で作業しなければいけなくなったり、体に大きな負担をかけてしまう恐れがあるので、無理な掛け持ちは控えるようにしましょう。それに、作業効率もかえって悪くなってしまうでしょうから、結果的にあまり稼げなくなってしまうのです。

余裕ができてから他の募集求人にも応募する

とりあえず、まずは1つの案件から始めるようにして、余裕ができたら他の募集求人への応募を検討するといいでしょう。特に、記事を書くこと自体が初めての人にとっては、慣れるだけでもある程度の時間がかかるでしょうから、最初は収入よりも経験を積むことを重視していきましょう。

  ← 前の記事: