案件によって難易度や求められるスキルは異なる

快適なPC周り

案件によって難易度や求められるスキルは異なる

Webライティング業務は案件によって難しさであったり、あるいは求められる知識やスキルは異なってきます。したがって、ライター募集の求人を探す際には、自分自身のスキルや能力も把握した上で探していくようにしましょう。

簡単にできる業務をしたいなら

初心者やパソコンが苦手な人でも取り組めるような、比較的簡単な業務をしたいのであれば、ブログ記事の執筆やキーワードライティングなど、そういった案件を探すといいでしょう。これらの業務は、高いレベルの記事が求められることはなく、自分の言葉でオリジナルの文章を書けば全く問題ないのです。

例えば、「美容と化粧品というキーワードを使って記事を執筆してください」、「オススメのダイエット方法について書いてください」など、そういったレベルのライティングを行うわけです。

ある程度専門性の高い案件もある

一方で、ウェブライターの仕事にはある程度専門性の高い案件も多く存在しています。専門知識が要求されたり、より高品質な記事を求められたり、綿密な情報収集が必要だったりするのです。こういった案件は、それなりのスキルがないと難しいでしょうし、ある程度の実績を積まないと採用してもらうことも難しいでしょう。

しかし一方で、報酬単価の方はかなり高めに設定されていますし、頑張り次第では本業にできるほど稼ぐことも可能なのです。将来的にこの仕事で生計を立てたいと思っているのであれば、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

得意か苦手かも考慮する

また、人によって得意なジャンルや苦手分野もあると思います。例えば、投資やビジネスに関してはかなり詳しい知識があり、一方で美容やファッションのことは全く分からないなど、誰にでも得手不得手があるわけです。

当然ですが、得意なジャンルであれば記事の執筆スピードも早まるでしょうし、専門案件に取り組むことも可能かもしれません。なので、求人に応募をする時は募集しているジャンルや分野にも目を通すようにしましょう。
どのジャンルを選ぶにしても、納期やノルマは確実に守るように心がけましょう。

とにかくチャレンジして経験を積むことが大事

いずれにしても、これからライターの仕事に取り組んでいく人にとっては、たとえ簡単な案件でも慣れないことは多いでしょうし、記事を書くのに時間がかかってしまうと思います。でも、経験を積むことでどんどんスキルも身について行きますから、とにかくチャレンジする気持ちが大事なのです。それを積み重ねていくことで、より幅広い案件にも取り組めるようになるのです。

  ← 前の記事: